学校経営方針

 1 学校経営目標 ・・・ 幼小中一貫教育の2年目として、取組を深化(充実)させたい

「幼小中一貫カリキュラムにより自主(Iの力)と協同(Weの力)を育成する学校」                              

                    ⇕        ⇕

立力      社会力      

○「自主(自立力)」・・・学習や生活、諸活動のそれぞれに目標を立てて、実現に向かう努力を怠らず、自分を鍛え続ける姿

   ○「協同(社会力)」・・・集団一員として自分の役割を自覚し、人のために一生懸命汗を流す姿

  「施設分離型小中一貫校」の2年目を終え、その成果を小中一貫教育の土台とし、「居場所づくり」と「絆づくり」を充実させて、生徒の自己有用感を高め、自信をもって主体的に可能性に挑戦し、社会のために貢献する生徒を育成していく。

(1) 自主(自立力)の育成

校区の課題である学力の向上や問題行動、不登校の課題解決には、生徒が自分で考え、自分で判断し、行動する力を身につけていくことが重要である。そのため、生徒の言動を決定づけたり、制限したりする教師からの指示は極力押さえ、たとえ失敗しても生徒が自ら判断し、自ら行動できるような生き方を育成していく。学習面においても、主体的な学びの充実を図る。

(2) 協同(社会力)の育成

生徒の心に寄り添う「受容」、「ボイスシャワー」による信頼関係のもと、生徒の自己有用感を高め、社会のために貢献する態度を育成する。また、物事を正しく判断する軸を持たせていくため、家庭的に恵まれない生徒や外国人生徒、配慮を要する生徒などの多様性を理解させ、共生する心を養うとともに、聞くことやあいさつ、時間を守った行動などを身に付けさせる。

 運営方針(進化から深化へ)

(1) 「魅力ある学校づくり」の「居場所づくり」と「絆づくり」の実践を土台にして共通した子供観に立ち、「ボイスシャワー」「聞く指導」を継続し、生徒との信頼関係に基づいた指導を進める。

(2) 自己有用感の醸成を教育活動の中心に据え、一貫した教科カリキュラム・教科外カリキュラムの充実を図る。

(3) 学校の教育活動の核は授業にあることを押さえ、「主体的、対話的で深い学び」の授業改善を進め、学力向上や不登校の未然防止に努める。

(4) 自治的な活動や行事などで生徒の主体性を伸ばすため、たとえ失敗しても生徒が自ら判断し、自ら行動するよう意図的な働きかけを充実させる。

(5) 発達障害や精神的に不安定な生徒、日本語習得に課題のある生徒など、特別の教育課程を編成している生徒へ学校体制で指導・支援ができるよう取り組みを進める。

 4 経営の重点目標

(1) 主体性や社会性を高める「居場所づくり」と「絆づくり」の推進

今まで取り組んできた「魅力ある学校づくり」の「居場所づくり」と「絆づくり」の取組を土台に小学校から中学校へ教育活動の内容をより丁寧につないだり、子供一人一人の情報や実態をうまく指導の中に生かしたりしていくことでより教育効果を高めていく。今年度も、生徒の主体性を高めるため、自治的な活動で生徒が自分たちのために、自分たちの力で創り上げていく経験を積ませたい。

(2) 資質・能力を明確にした「主体的、対話的で、深い学び」の授業づくりと思考スキル・思考ツールの活用

子供たちにつけさせたい力(生きて働く「知識・技能の習得」、未知の状況にも対応できる「思考力・判断力・表現力の育成」・学びを人生や社会に生かそうとする「学びに向かう力の涵養」)と、汎用的に活用できる思考スキル・ツールは、生徒たちが自立してものを考え、課題解決していくために必要とされる力となる。そのため、生徒が自ら課題を持ち、自分で考え、仲間と考えを練り合ったり、つくり上げたりするような「主体的、対話的で深い学び」の授業づくりを新学習指導要領の改訂の趣旨および学習評価の目的を踏まえて進めていく。また、ICTの教育環境の充実が進み、生徒一人一台にタブレットの配備されたことから、情報教育機器やソフトも積極的に活用していく。

(3) 生徒たちが自分たちの手で創る自治的な活動の支援                                 

学園が目指す「自立力」を育てるには、課題に対して自分で考え、判断し、粘り強く取り組むことが大切である。そのため、生活、行事等の中で、自分たちで考え、自分たちで判断し、自分たちの手で創り上げていくことに力を注ぐ。彩雲祭プロジェクトでは、たとえ多少の失敗があったとしても、生徒たちが自ら考え判断したことを学校体制で支援していく。

(4) 特別支援教育と就学支援の一層の充実及び生徒理解の深化

小学校から中学校へと継続した指導で、一人一人にあった教育活動や居場所づくりを学校体制の中で確保していく。また、特別の教育課程を編成している生徒の「個別の教育支援計画」や「個別の指導計画」の活用方法を充実させる。さらに、幼小中一貫教育の縦の連携をもとに生徒理解をより一層深めることで、個への指導や支援をより確かなものとし、不登校生徒の減少に務める。

(5) 地域貢献を目指すキャリア教育の推進

令和元年度、地域の教育資源を活用した1年(地域を知る)、2年(地域に出る)、3年(地域に貢献する)のキャリア教育の体系が形付けられたので、これらを軸により効果的で、充実した活動になるよう工夫していく。

5 生徒指導の共通実践目標(子供観、指導観の方向をそろえる)

ア 生徒につく指導   ・・・問題行動、いじめ問題等は教師の目の届かないところから

               朝のスタートから進めたい 

イ 受容と枠組み指導  ・・・生徒の心に寄り添う「受容」と社会規範やルールを確実に身につけさせる「枠組み指導」を大切にした、最後まであきらめない親身な指導を続けたい

ウ 主体的な行動を促す仕掛け ・・・生徒が興味・関心を持つための意識づけ、自己決定する場の設定に

努力したい 

エ ボイスシャワー   ・・・多様な視点で生徒のよさを見つけ、認め、価値づける指導を充実させたい

 組織を磨くための共通実践目標(組織で動くための方向をそろえる)

 ア 「チーム袋井」として

    学校教育目標、学校経営目標、グループ目標、自己目標の連鎖

・人事評価自己目標シート、学年・学級経営案、学校評価、生徒意識調査、Q-U等の活用

○学年主任、副主任を支える学年職員、学年職員を信頼する学年主任、副主任

・「共通のビジョン」「明確な役割分担」「仕事の連携」「報・連・相の『報』」

○働き方改革、部活動ガイドラインの実施

・時間外勤務の複数月平均45時間未満への取組

○気持ちの良いあいさつが人間関係づくりの土台

・出勤時、退勤時、生徒への先取りあいさつ

・言葉遣い(生徒と教師、保護者《地域住民》と教師、教師間)を大切に

○問題発生時の初期対応の早さと誠実な対応

  ・問題が起こったときはまず報告、そして学年、学校として素早く対応

  特に、重大な問題が生じたときこそ、決して一人で抱え込まない。主任等への「報・連・相」の「報」の徹底をし、組織で対応する。

イ 組織人として     

    勤務、服務の厳正

・3ゼロ+2・・・わいせつ行為、体罰、交通事犯、情報漏洩、不適切な会計処理等

・社会人としてふさわしい服装での出勤・退勤

  ○迅速で正確な事務処理

・稟議、分掌事務、経理、学籍・成績・個人情報の管理 +職員室机上の整理・整頓